お軽・勘平(読み)おかる・かんぺい

  • お軽・勘平 おかる・かんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)「仮名手本忠臣蔵」の登場人物。
塩冶(えんや)家の家臣早野勘平は主君刃傷(にんじょう)の日,恋仲の腰元お軽と逢(あ)い引きをしていたために失態を演じる。お軽の実家に身をよせたが,あやまって人を殺し切腹する。のちお軽は京都祇園(ぎおん)一力茶屋の遊女となった。勘平のモデルは浅野長矩の刃傷事件を最初に赤穂(あこう)につたえた萱野(かやの)三平重実。寛延元年(1748)浄瑠璃で初演

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android