コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がまの穂病(チモシー)

1件 の用語解説(がまの穂病(チモシー)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

がまの穂病(チモシー)

発生すると出穂を阻害し、採種栽培で問題となる糸状菌病。春の終わりに止葉周辺の葉鞘を巻くようにして、がまの穂状に長さ1ー3cmの白色菌叢が形成される。この表面には多数の分生子が形成される。病斑が古くなると、がまの穂様の菌叢が黄化し、内部に子のう殻が形成され、子のう胞子が放出される。病原菌は植物体内で共生するいわゆるエンドファイトであり、耐虫性物質等の産生が知られる。 また、感染植物は斑点病など他の病害に対して抵抗性となる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がまの穂病(チモシー)の関連キーワードコルヒチン採種出穂採種圃酵素阻害物質ナリジキシン酸非競合阻害角斑病(オーチャードグラス)角斑病(ベルベットグラス)がまの穂病(ブルーグラス)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone