コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けわい ケワイ

デジタル大辞泉の解説

け‐わい〔‐はひ〕

《「気(け)這(は)ひ」の意。「気配」の字を当てて現代では「けはい」という》
漠然と感じられる物事のようす。雰囲気。特に、音・声・においなどによって感じられる物事のようす。また、その音やにおいなど。
「秋の―の立つままに」〈紫式部日記
立ち居振る舞い・動作などから受ける印象。また、その人のようすから察せられる人柄や品位。
「人の―も、けざやかに気高く」〈帚木
死んだり離ればなれになったりしても感じられる、その人の面影・名残。→気配(けはい)
「過ぎにし親の御―とまれる古里ながら」〈・帚木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けわい

〔現代では、「気配」の字を当てて「けはい」という〕
視覚的な「けしき」に対して、聴覚的・雰囲気的な感じをいう語。
音・におい・感触などによって感じられる様子。 「げに雨降る-しつるぞかし/枕草子 278」 「 -しるく、さと匂ひたるに/源氏 賢木」 「手さぐりの細く小さき程、髪のいと長からざりし-の、さま通ひたるも/源氏 空蟬
どこということなく漠然と受ける感じ。雰囲気。風情。 「秋の-立つままに/紫式部日記」
人間の言葉や動作から感じられる品格。ものごしから受ける感じ。 「大方の気色、人の-も、けざやかに気高く/源氏 帚木
実体がなくなったあとに残された影響や面影。名残。 「過ぎにし親の御-とまれる故郷ながら/源氏 帚木」 〔「けわい(けはひ)」の「け」は「け(気)」か。「わい(はひ)」は四段動詞「這う」の名詞形で、一面に広がることの意かという〕 → けはい(気配)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

けわいの関連キーワード神奈川県鎌倉市扇ガ谷神奈川県鎌倉市佐助鎌倉(市)日野俊基墓関ヶ原物鎌倉街道草摺引物北条基時鎌倉七口化粧う扇ヶ谷帯引物化粧田化粧料石神化粧源氏五郎美容

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けわいの関連情報