コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さしも サシモ

デジタル大辞泉の解説

さし・も[動]

[動マ特活]「する」の意の尊敬語。なさる。
「かまへて、妄りに人に泄たりなんと―・もなと云そ」〈史記抄・扁鵲倉公伝〉
「小筒(ささえ)が来たらば一つ飲まう。わごりょ酌―・め」〈虎清狂・猿座頭
[補説]室町時代に用いられた語。活用は助動詞さしも」と同じ。サ変動詞「する」に助動詞「さしも」が付いた「せさしも」の音変化とも、また、サ変動詞「する」の未然形に「させたまふ」の付いた「せさせたまふ」の音変化「さしまう」が、さらに音変化した形ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

さしもの関連キーワード差し返す・差返す落としあぶす立て傘・立傘差し縺れる﨟次も無い迦葉起舞寂び返る紛らはしさしもう腸を断つめきと殊無し隅切り彼の岸寂返る三階笠切裂き指物師指小旗さしむ

さしもの関連情報