じゃじゃ馬(読み)じゃじゃうま

精選版 日本国語大辞典「じゃじゃ馬」の解説

じゃじゃ‐うま【じゃじゃ馬】

〘名〙
① 人に慣れないあばれ馬。荒馬。駻馬(かんば)
俳諧・西鶴大句数(1677)八「邪々馬に神主一人引のせて 夜前ふしぎの夢の御たづね」
② (比喩的に) 性質が激しくて、他人の言うことを聞かずに暴れまわる者。あばれ者。
※評判記・長崎土産(1681)三「金山は立ち姿少じゃじゃ馬也」
※歌舞伎・和布苅神事(1773)二「挨拶人も一群に、まくり立てたるじゃじゃ馬(ウマ)親仁」
③ 特に、夫や目上の者などの言うことを聞かないおてんばな女。
※俳諧・とてしも(1703)「じゃじゃ馬とかくれんぼうのわるくるひ〈乙州〉」
[補注]「じゃじゃ」は元来は「じやじや」という擬声語。「ロドリゲス日本大文典」には「虫がやかましく鳴く」といった意味を表わすと記されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「じゃじゃ馬」の解説

じゃじゃ‐うま【じゃじゃ馬】

人になかなか慣れないあばれ馬。
性質が激しく、わがままで好き勝手に振る舞う女性。「じゃじゃ馬娘」
[類語]おてんばはすっぱおきゃん尻軽ボーイッシュギャルソンヌフラッパーマスキュリン蓮葉はすはあばずれ跳ね返り跳ねっ返り男勝り悪魔ずべずべ公

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android