御転婆(読み)オテンバ

デジタル大辞泉の解説

お‐てんば【御転婆】

[名・形動]若い女性が、恥じらいもなく、活発に行動すること。また、そのさまや、そのような娘。おきゃん。「お転婆な少女」→転婆(てんば)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おてんば【御転婆】

( 名 ・形動 )
若い娘や女児がしとやかさに欠け、いたって活発な・こと(さま)。また、そういう女。おきゃん。 「うちの娘は-で困る」 「 -な女の子」 「 -をする」 → 転婆てんば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐てんば【御転婆】

〘名〙 (形動) つつしみやはじらいに乏しく、活発に動きまわること。また、そのさま。特に、そういう女性をいう。おきゃん。おてつく。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)梅三「おてんばか請込んでから食付せ」
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)大切「親にまで恥をかかせるお転婆(テンバ)め」
[語誌]江戸語以降用いられているが、語源には諸説あり、定説をみない。その中で、「大言海」はオランダ語 ontembaaar から「おてんば」が生まれたとする。しかし、同様の意味を表わしうる「てんば」が既に近世前期にあるので、「てんば」を先行する語とみる方が自然か。ただし、「てんば」は「おてんば」より広い意味を持ち、「しくじること」「親不孝で従順でないこと」などの意で、男女を問わず用いられ、現在でも西日本の各地にそれらが残っている。したがって、「てんば」に接頭語「お」を加えることによって「おてんば」になったと、単純にとらえることもできない。この点については、上方で用いられていた「てんば」が江戸語として使用されるに際し、オランダ語 ontembaaar が何らかの形で作用し、新語形「おてんば」を生じると同時に、意味の特定がなされたとの説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android