じょっぱり(読み)ジョッパリ

デジタル大辞泉の解説

じょっ‐ぱり

[名・形動](青森、岩手県で)意地を張ること。また、そのさまや、そのような人。意地っ張り。強情っ張り。「じょっぱりな人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

じょっぱり

青森の日本酒。酒名は、津軽弁で「頑固者」の意。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒などがある。平成25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、華吹雪、むつほまれ。仕込み水は白神山系の伏流水蔵元の「六花酒造」は昭和47年(1972)弘前市内の3蔵が合併し設立。所在地は弘前市大字向外瀬字豊田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

じょっぱり

青森県、六花酒造株式会社の製造する日本酒。

じょっぱり

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1979年1月~9月放映(全180回)。原作:花登筐。昭和を代表するブルース歌手、淡谷のり子をモデルとする作品。出演:片平なぎさ、高峰三枝子、細川俊夫ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょっぱり

意地を張ること。意地っ張り。ごうじょっぱり。津軽(青森県)地方の人の気性を表した方言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じょっぱりの関連情報