コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡谷のり子 あわやのりこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡谷のり子
あわやのりこ

[生]1907.8.12. 青森
[没]1999.9.22. 東京
歌手。本名,淡谷のり。実家の呉服屋の倒産後上京。 1929年東洋音楽学校 (現・東京音楽大学) を卒業し,30年に『夜の東京』でレコード・デビュー。ポピュラー歌手となったことで,首席で卒業した母校の卒業者名簿から一時名前を消された。 38年に発売した『別れのブルース』が大ヒットしたものの,日中戦争戦時下の時勢にふさわしくないと,翌年発禁処分を受ける。それでも『雨のブルース』 (1938) ,『東京ブルース』 (39) を続けて歌い,「ブルースの女王」の称号を得た。一方で,シャンソンジャズタンゴを日本に紹介し,『暗い日曜日』 (36) ,『人の気も知らないで』 (38) 『ルムバ・タムバ』 (39) などがヒットした。戦時色が濃くなるにつれ活躍の場がせばめられたが,戦後はベトナム反戦運動への連帯,歌謡界への直言人生相談など,歌以外の場でも活躍,72年に紫綬褒章受章。著書に自伝『私のいいふりこき人生』 (84年) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

淡谷のり子【あわやのりこ】

歌手。青森県出身。東洋音楽学校(現在の東京音楽大学)の声楽科を首席で卒業し歌謡歌手としてデビュー。1931年の《別れのブルース》をはじめ《雨のブルース》《君忘れじのブルース》などがヒット。
→関連項目歌謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡谷のり子 あわや-のりこ

1907-1999 昭和-平成時代の歌手。
明治40年8月12日生まれ。クラシック歌手志望だったが,生活のために流行歌歌手となった。昭和12年の「別れのブルース」,つづいて「雨のブルース」「東京ブルース」のヒットでブルースの女王といわれた。軍部ににらまれ戦時中は活動をはばまれたが,戦後再起し,85歳すぎまで現役として活躍した。平成11年9月22日死去。92歳。青森県出身。東洋音楽学校(現東京音大)卒。本名はのり。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あわやのりこ【淡谷のり子】

1907~1999) 歌手。本名のり。青森県生まれ。東洋音楽学校卒。「別れのブルース」や「雨のブルース」などの一連のヒットにより、ブルースの女王と呼ばれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡谷のり子
あわやのりこ
(1907―1999)

ポピュラー歌手。青森県に生まれる。東京に出て、1929年(昭和4)東洋音楽学校(現、東京音楽大学)を卒業、1930年レコードにデビュー。シャンソン、タンゴ、ルンバなどを次々に取り上げ、『暗い日曜日』(1936)、『人の気も知らないで』(1938)、『ルムバ・タムバ』(1939)ほかのヒットを放つ。一方日本の歌謡曲『別れのブルース』(1937)、『雨のブルース』(1938)などによって「ブルースの女王」とよばれた。第二次世界大戦中は沈黙を強いられたが、戦後再起。1982年、五輪真弓の『恋人よ』にほれこみ、同曲を含む現代曲10曲のLPを出す。海外でも、ブルガリアなどに招かれて活躍したが、1993年12月、体調不良を理由に「休養宣言」、以後歌手としての活動は行わなかった。1972年紫綬褒章受章。[永田文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

淡谷のり子の関連キーワードライオンのいただきます大久保 徳二郎淡谷 のり子永登 元次郎じょっぱり原 孝太郎浜坂 福夫服部良一藤浦 洸和田 肇大友 純淡谷悠蔵呉服屋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淡谷のり子の関連情報