コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そうめん(素麵) そうめん

1件 の用語解説(そうめん(素麵)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうめん【そうめん(素麵)】

めん類の一種。古くは索麵(さくめん)といい,音便で〈さうめん(そうめん)〉。小麦粉を食塩水で練って太めのひも状に切り,その表面にまんべんなく綿実油を塗って細く長くのばし翌朝まで熟成させる。これを2本の棒を用いて絹糸のように細くのばし,天日乾燥したのち切断する。丸2日の工程を要するもので,極細の手延べそうめんの場合,1kgの粉が2km以上の長さになる。良質のコムギを産し,気象条件が戸外乾燥に適する地方では,農家の冬季の副業として生産されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

そうめん(素麵)の関連キーワードトルクメン下北面上北面面工落綿育メン温麺玉面素麺白面 (bald)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone