コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人椀久 ににんわんきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二人椀久
ににんわんきゅう

歌舞伎舞踊曲。長唄本名題『其面影 (そのおもかげ) 二人椀久』。作詞者不詳,作曲1世錦屋金蔵。安永3 (1774) 年江戸市村座で,9世市村羽左衛門と瀬川富三郎 (3世瀬川菊之丞) により初演。8世羽左衛門 13回忌追善の演目ともいわれる。椀久物の一つ。傾城松山恋しさに狂乱した椀久が,松山の幻影とありし日を思い浮べて楽しく踊り興じるというもの。椀久の羽織を着た松山が椀久と連れ舞をするさまを「2人の椀久」に見立てたもので,8世,9世羽左衛門の関係を生かしている。二上りから三下りと転調。能『井筒』のクセを取入れた唄や,後半の廓情緒を三味線と大鼓小鼓で演奏する部分 (タマ) など技巧を凝らした曲で,踊り地に太鼓の入らないのも特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ににんわんきゅう〔ニニンワンキウ〕【二人椀久】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題「其面影二人椀久」。作詞者未詳、初世錦屋金蔵作曲。安永3年(1774)江戸市村座初演。狂乱した椀久の夢の中に恋しい傾城(けいせい)松山が現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ににんわんきゅう【二人椀久】

歌舞伎舞踊の一。長唄。狂乱物。本名題「其面影二人椀久」。1774年江戸市村座初演。大坂の豪商椀屋久右衛門と傾城松山の情話を舞踊化したもので、男装の松山と椀久とが並んで踊る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二人椀久
ににんわんきゅう

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(なだい)『其面影(そのおもかげ)二人椀久』。作詞者不詳。初世錦屋(にしきや)金蔵作曲。1774年(安永3)5月、江戸・市村座で8世市村羽左衛門(うざえもん)の追善演目として、9世羽左衛門の椀久、瀬川富三郎(3世菊之丞(きくのじょう))の松山(まつやま)で初演。大坂の豪商椀屋久兵衛の逸話に取材。傾城(けいせい)松山との仲を裂かれ、心狂った椀久が放浪のうちに松山の幻と出会い、昔の廓話(くるわばなし)をするという内容。題名は、旧来の振付けに松山が椀久の羽織を着て踊るところがあったのに由来するが、近年は新しい振付けが多く行われ、たいてい椀久が松山の裲襠(うちかけ)を着て踊るようになっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二人椀久の関連キーワード吉住 小三郎(3代目)芳村 伊十郎(7代目)松永忠五郎(1世)芳村伊十郎(7代)藤間勘兵衛(2代)松永和風(初代)錦屋金蔵(初代)椀屋久右衛門尾上菊之丞藤間勘兵衛岡安 寿晃松島庄五郎芳村伊十郎歌舞伎舞踊松永和風狂乱物大坂男装鼓唄情話

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二人椀久の関連情報