コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原雀 よしわらすずめ

6件 の用語解説(吉原雀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉原雀
よしわらすずめ

歌舞伎舞踊曲。 (1) 長唄 本名題『教草 (おしえぐさ) 吉原雀』。明和5 (1768) 年 11月江戸市村座の顔見世狂言『男山弓勢競』の大切 (おおぎり) 所作事として初演。作者1世桜田治助,作曲1世富士田吉次,杵屋作十郎

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしわら‐すずめ〔よしはら‐〕【吉原×雀】

吉原の遊郭にしばしば出入りして、その内情に通じている人。
歌舞伎舞踊。長唄。本名題「教草(おしえぐさ)吉原雀」。初世桜田治助作詞、富士田吉治・杵屋作十郎作曲。明和5年(1768)江戸市村座初演。男女二人の鳥売りが、吉原の郭(くるわ)の風俗・生活を描写して踊る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉原雀【よしわらすずめ】

(1)長唄の曲名。本名題《教草吉原雀》。初世桜田治助作詞,初世杵屋作十郎・富士田吉治作曲。1768年初演。鳥売りの姿をした八幡太郎義家と,その難儀を救う女鳥売り,実は鷹の精とを放生会(ほうじょうえ)の故事に結びつけて長唄としたもので,《男山弓勢競》の中の一曲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よしわらすずめ【吉原雀】

歌舞伎舞踊の曲名。長唄。本名題《教草(おしえぐさ)吉原雀》。1768年(明和5)11月江戸市村座の顔見世狂言《男山弓勢競(おとこやまゆんぜいくらべ)》の大切(おおぎり)に演ぜられた。作詞初世桜田治助。作曲初世富士田吉治,初世杵屋作十郎。振付2世西川扇蔵源義家の危難を,鷹の精が救うという筋にからみ,義家は男鳥売り(9世市村羽左衛門),鷹の精は女鳥売りという役柄で,放生会(ほうじようえ)の故事から吉原の廓の諸分(しよわけ)をうたったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしわらすずめ【吉原雀】

[5] 吉原の遊郭に出入りしてその内情にくわしい者のこと。さとすずめ。また、吉原の素見すけん客。 「 -の觜くちばしを閉ぢんと/洒落本・辰巳之園」
歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「教草おしえぐさ吉原雀」。初世桜田治助作詞。1768年江戸市村座初演。男鳥売、実は八幡太郎義家、女鳥売、実は鷹の精による郭くるわ気分の横溢した踊り。清元の改作は「筐花手向橘かたみのはなむかしのそでのか」。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉原雀
よしわらすずめ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『教草(おしえぐさ)吉原雀』。初世桜田治助(じすけ)作。1768年(明和5)11月、江戸・市村座上演の八幡(はちまん)太郎義家(よしいえ)を題材にした顔見世狂言『男山弓勢競(おとこやまゆんぜいくらべ)』の大切所作事(おおぎりしょさごと)として、9世市村羽左衛門(うざえもん)と2世吾妻藤蔵(あづまとうぞう)により初演された。作曲は富士田楓江、杵屋(きねや)作十郎。男女の鳥売り二人の踊りで、放生会(ほうじょうえ)の由来から吉原雀にかこつけて廓(くるわ)のようすを描き出す。原作では、最後に男が義家、女が鷹(たか)の精霊の正体を現すという筋だったが、今日では単に廓情緒豊かな踊りとして流行している。長唄の代表作。別に清元(きよもと)『吉原雀』は1824年(文政7)2月、市村座初演で本名題『筐花手向橘(かたみのはなたむけのたちばな)』。長唄のそれをもとにして、さらにくだけた内容。「新吉原雀」ともいう。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉原雀の言及

【長唄】より

…この時期の長唄唄方には坂田兵四郎,初世松島庄五郎,初世吉住小三郎,三味線方には7代目杵屋喜三郎,初世杵屋新右衛門,初世杵屋弥三郎,初世杵屋忠次郎,囃子方には宇野長七などがいる。明和期(1764‐72)になると,一中節の太夫から転向した初世富士田吉次(治)によって長唄に浄瑠璃の曲節を加えた唄浄瑠璃(例《吉原雀(よしわらすずめ)》《安宅松(あたかのまつ)》)が創始されたり,大薩摩節(おおざつまぶし)との掛合(《鞭桜宇佐幣(むちざくらうさのみてぐら)》)も開始されて,長唄に新機軸を生みだした。また,この時期には9代目市村羽左衛門など立役(男役)にも舞踊の名手が現れ,舞踊は女形の独占芸という慣行が打破された結果,男性的な曲も生まれた。…

【富士田吉次(富士田吉治)】より

…天性の美声で好評を博し,彼の長唄を聞くために観客が集まり,〈見物を呼ぶ唄うたひ古今稀れのものなり〉といわれた。三味線方の初世杵屋(きねや)忠次郎,2世杵屋六三郎,初世杵屋作十郎,初世藤間勘左衛門らと組んで《鷺娘》《娘七種(むすめななくさ)》《吉原雀》《安宅松(あたかのまつ)》などの名曲を残す。なお,実子の藤次郎は襲名せず,富士田千蔵を名のり初世となった。…

※「吉原雀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉原雀の関連キーワードポール八雲V愛人城外松柏砂山チェリー花菱梅椀

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉原雀の関連情報