ちょきり(読み)チョキリ

デジタル大辞泉の解説

ちょきり

[副]
はさみなどで物を切る音や、そのさまを表す語。ちょっきり。「ちょきりと枝を切る」
乱れがなく、しっかりしているさま。しゃっきり。
「あたまは―とした本田に結ひ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょきり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物をはさみで断ち切る音を表す語。ちょきん。 「ひもを-と切る」
きちんと整っているさま。しゃんと。しゃっきり。 「年が寄つても頭は-とした本田に結ひ/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょきり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① きちんとしたさまや、しゃんとしたさまを表わす語。ちょきんちょっきり
※浄瑠璃・今宮心中(1711頃)下「おれが殿御は日本おろかよから物町にも、まれな男のちょきりこきり小女房」
② はさみで物を切る音やそのさまを表わす語。ちょきん。ちょっきり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android