コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぷつん プツン

デジタル大辞泉の解説

ぷつん

[副](多く「と」を付けて用いる)
張りつめていた細いひも・糸などが急に断ち切れる音、また、そのさまを表す語。ぷっつり。
続いていた物事が急にやむさま。ぷっつり。ぱったり。「電話がぷつんと切れる」「連絡がぷつんとなくなる」
小さな粒状のものが表面に飛び出しているさま。「蚊に刺された跡がぷつんと残る」
粒状のものをつぶす音。「ダニをぷつんとつぶす」
とがったもので軽く突き刺すさま。また、突き刺した跡。「煮え具合を見るために爪楊枝で肉をぷつんと刺してみる」「心に小さな傷痕がぷつんと残る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぷつん

( 副 )
糸などが急に切れるさまを表す語。ぷつり。 「線が-と切れる」
ぷつり」に同じ。 「通信が-と絶えた」
ぷつり」に同じ。 「 -と赤くはれている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぷつんの関連キーワード打っ切れるぷっつん爪楊枝ぶつんぷつり通信粒状