コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぷつり プツリ

2件 の用語解説(ぷつりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぷつり

[副]
長い物が急に切れる音や、そのさまを表す語。また、長く続いている物事が急に断たれるさま。ぷっつり。「糸がぷつりと切れる」「音信がぷつりと途絶えた」
鋭い物を突きさすさま。「腕に注射針をぷつりとさす」
粒状のものができるさま。また、粒状のものをつぶす音や、そのさまを表す語。「にきびがぷつりとできる」「ノミをぷつりとつぶす」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぷつり

( 副 )
細い糸などが切れるさま。また、細い針などを突き刺したり、小さなものをつぶしたりするさま。また、その音を表す語。ぷつん。 「凧たこの糸が-と切れた」 「注射針を-と刺す」 「ノミを-とつぶす」
続いていたことが途絶えるさま。ぷつん。 「電話が-と切れた」 「消息が-と途絶えた」
小さな粒状の物が一つできるさま。ぷつん。 「にきびが-とできた」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぷつりの関連キーワードがたっとがちゃんどしりばたっとぱたっとはたりぱたりぼきぼきぽきぽきぽきり

ぷつりの関連情報