コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てむ テム

デジタル大辞泉の解説

て◦む

[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+推量の助動詞「む」》
推量を強調して表す。きっと…だろう。…にちがいない。
「秋の野に露負へる萩を手折らずてあたら盛りを過ぐし―◦むとか」〈・四三一八〉
意志・希望を強調して表す。必ず…しよう。…てしまおう。
「世にふればうさこそまされみ吉野の岩のかけ道踏みならし―◦む」〈古今・雑下〉
可能の推量を強調して表す。…することができよう。
「春日野のとぶ火の野守出でて見よいまいくかありて若菜摘み―◦む」〈古今・春上〉
適当・当然を強調して表す。…てしまうのがよい。…のはずだ。
「心づきなき事あらん折は、なかなかその由をも言ひ―◦ん」〈徒然・一七〇〉
(多く「てむや」の形で)
㋐相手を勧誘する意を表す。…てくれないか。…たらどうだ。
「ここにてはぐくみ給ひ―◦むや」〈・松風〉
㋑(多く「まさに」と呼応して)反語の意を表す。どうして…しようか。…しはしない。
「内内の御心(みこころ)清うおはすとも、かくまで言ひつる法師ばら、よからぬ童べなどはまさに言ひ残し―◦むや」〈・夕霧〉
[補説]5は文末に用いられる。5㋑は漢文訓読からの語法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てむ

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に推量の助動詞「む」の付いたもの〕
これからの事柄に対する推量を強調して表す。きっと…であろう。 「沫雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへ-・むかも/万葉集 1641
話し手の強い意志や決意を表す。…してしまおう。必ず…しよう。 「布勢の浦を行きてし見てばももしきの大宮人に語り継ぎ-・む/万葉集 4040
可能であると推量する意を表す。…することができるだろう。 「梓弓おして春雨今日降りぬ明日さへ降らば若菜つみ-・む/古今 春上
適当・当然のこととする意を表す。…した方がよい。…てしまうべきである。 「心づきなき事あらん折は、なかなかそのよしをも言ひ-・む/徒然 170
相手に対する勧誘や婉曲な要求を表す。…てくれるでしょうね。 「翁の申さむ事は聞き給ひ-・むや/竹取」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

てむの関連情報