コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てるてる坊主(照々坊主) てるてるぼうず

世界大百科事典 第2版の解説

てるてるぼうず【てるてる坊主(照々坊主)】

雨天がつづくと,子供がまじないとして,白い布を丸めて,目鼻口のない人形を作り,軒先につるす。〈てるてる坊主,てる坊主,あした天気になあーれ〉という唱え文句も伴っている。中国には掃晴娘(そうせいじよう)と称する女の人形を雨乞いのときに作って,晴天を祈る風習があった。日本では,江戸時代に民間で〈てるてる法師〉が作られ,坊主頭にその特徴がある。《嬉遊笑覧》には,〈てるてる法師〉をつるして,もし雨がやめば,目鼻口をつけてお祭りすると記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android