コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でかんしょ節 デカンショブシ

2件 の用語解説(でかんしょ節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でかんしょ‐ぶし【でかんしょ節】

明治末年から大正にかけて学生に歌われ、全国の花柳界に流行した歌。兵庫県篠山(ささやま)付近の盆踊り歌の変化したものという。「でかんしょ」は「出稼ぎしよう」の意、「徹今宵(てっこんしょう)」の意など諸説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でかんしょぶし【でかんしょ節】

兵庫県篠山ささやま市の民謡で、盆踊り唄。西日本に広く分布する「盆踊り口説き」に由来。旧制高校で愛唱され、全国に広まった。篠山節。 〔「でかんしょ」は「どっこいしょ」の訛ったもの〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でかんしょ節の関連キーワード上田耕甫御伽芝居キネオラマ五色の酒生活派どんどん節女優劇体力・運動能力調査川北元助桐竹政亀