コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とったり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とったり

相撲の決まり手の一つ。相手が差しにきた () を取って押さえ,その手を下外から自分の左 (右) 腕でひっかけ,右 (左) 手で手首をつかみ,左 (右) 肩を入れて,前へ引き回すようにひねり倒す。下外からひっかける左 (右) 腕を上外からかい込めば,さか (逆) とったり。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とっ‐たり

《大声で「捕ったり」と叫ぶところから》歌舞伎で、捕り手の役。また、それに扮する役者。
とんぼがえり。舞台で1が演じるのでいう。
相撲のきまり手の一。相手の差してくる手を両手で抱え、からだを開いて手前にひねり倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とったり

〔動詞「とる」に助動詞「たり」の付いた「捕ったり」から〕
捕り手の役人。
歌舞伎でいう語。
捕り手の役。また、捕り手に扮することが多いことから、下回したまわりのこと。
〔捕り手役につきものであるところから〕 とんぼがえり。
相撲の決まり手の一。両手で相手の片手を取り、ひねり気味にして相手を引き落とす技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とったりの関連キーワードフォーク・ギター[folk guitar]個人ポスターと政党ポスター人の行く裏に道あり花の山エルベン現象(臨床医学)ホモ・ソシオロジクスレクリエーション耳掻き・耳搔き鰹出し/鰹出汁maranic盗人猛猛しいプールサイド自殺系サイトカタトニーベリジャーオウギヤシ老廃・老癈葦原金次郎コンタクトパタンナークダマキ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とったりの関連情報