コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とって トッテ

2件 の用語解説(とっての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とって[格助・接助]

《助詞「とて」の促音添加。近世語》
[格助]句または文を受けて、引用を表す。…と言って。…と思って。
「年玉にいい―、おらが所ぢゃあ、いかいこと買ったよ」〈滑・浮世風呂・二〉
[接助]活用語の終止形、動詞の命令形、禁止の助詞「な」に付く。
仮定の逆接条件を表す。たとえ…しても。…ても。
「相手がいい―わりい―、どこに仕打ちがあるものか」〈滑・八笑人・三〉
上の確定した事柄を仮定のこととして表す。…からといっても。
「いかに江戸がひろい―」〈滑・続々膝栗毛・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とって

〔「とて」の促音添加〕
( 格助 )
文または文に相当する語句に付いて、「といって」「と思って」の意を表す。 「親方の気に入つて始終は養子にする-、子も同前にして下さる/洒落本・真女意題」
( 接助 )
仮定の逆接条件を表す。たとえ…といっても。…としても。 「貴さまたちにいつてきかせた-、馬の耳に風だらうが/滑稽本・膝栗毛 4
既定の事柄を仮定的に表現する。 「なんぼ屋敷出だ-、あんまりあつかましいぢやあねえか/滑稽本・浮世風呂 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっての関連キーワード腕っ節上っ面けったいしゃっしょっ素っ首歯っ欠けぱっくり四人うっかと

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とっての関連情報