コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とって トッテ

デジタル大辞泉の解説

とって[格助・接助]

助詞とて」の促音添加。近世語》
[格助]句または文を受けて、引用を表す。…と言って。…と思って。
「年玉にいい―、おらが所ぢゃあ、いかいこと買ったよ」〈滑・浮世風呂・二〉
[接助]活用語の終止形、動詞の命令形、禁止の助詞「な」に付く。
仮定の逆接条件を表す。たとえ…しても。…ても。
「相手がいい―わりい―、どこに仕打ちがあるものか」〈滑・八笑人・三〉
上の確定した事柄を仮定のこととして表す。…からといっても。
「いかに江戸がひろい―」〈滑・続々膝栗毛・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とって

〔「とて」の促音添加〕
( 格助 )
文または文に相当する語句に付いて、「といって」「と思って」の意を表す。 「親方の気に入つて始終は養子にする-、子も同前にして下さる/洒落本・真女意題」
( 接助 )
仮定の逆接条件を表す。たとえ…といっても。…としても。 「貴さまたちにいつてきかせた-、馬の耳に風だらうが/滑稽本・膝栗毛 4
既定の事柄を仮定的に表現する。 「なんぼ屋敷出だ-、あんまりあつかましいぢやあねえか/滑稽本・浮世風呂 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とっての関連キーワードインターバルトレーニング棺桶に片足を突っ込む七重の膝を八重に折るハンドインハンドアルドフラノースアポイントメント三つ子の魂百まで最後の切り札六十の手習い老い耄れるアニシード御幣を担ぐギブス集合株式会社担保貸付老朽ちる抵当貸し取っとき太鼓医者原風景

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とっての関連情報