コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年玉 としだま

8件 の用語解説(年玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年玉
としだま

正月の贈り物。本来,歳神様に供えられ,人々に分けられるもの,すなわち,神から配られるものが年玉であると考えられた。これは佐渡や対馬などで一度神に供えたもののオウツリ (供えた人々に分配すること) を年玉というのにも表われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とし‐だま【年玉】

《年の賜物(たまもの)の意》新年を祝って人に贈る物。また、子供や奉公人・出入りの者に与える金品をいう。お年玉 新年》「―のさいそくに来る孫子かな/一茶

ねん‐ぎょく【年玉】

新年を祝って人に贈る金品。としだま。
「―の遣ひ物、火箸、間鍋、または餅あぶり網など」〈浮・織留・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年玉【としだま】

正月の祝儀として贈答するもの。室町時代からすでに盛んで,太刀(たち),金子,筆,硯(すずり),酒,魚や,男児には凧(たこ),女児には羽子板,紅箱などさまざまなものが贈られた。
→関連項目歳暮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

としだま【年玉】

正月に子どもらに与えるこづかい(お年玉)をいうが,かつては新年を祝ってする贈物全般を指した。年初に贈物をする習慣は,室町末にはすでに公家の間でも盛んで種々の品が用いられたが,近世になると武士は太刀,商人は扇子,医者は丸薬などとそれぞれの品が特定化した。年玉は歳暮(せいぼ)とは逆に目上など上位の者から贈られるのが特徴で,語源を年の賜物とする説もある。ただ単なる下賜の品ではなく,年神からの賜物とする民俗学的解釈が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

としだま【年玉】

〔年賜の意〕
新年の祝儀として贈る物。おとしだま。ねんぎょく。 [季] 新年。

ねんぎょく【年玉】

新年を祝って贈る金品。としだま。 「 -ヲヤル/ヘボン」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年玉
としだま

新年を祝う贈答品一般をさす語であるが、近年はとくに正月に与える小遣いの意に限定されつつある。新年に際しての贈答慣行は中世までさかのぼることができるが、近世の文献には年玉銀、年玉扇、年玉薬(ぐすり)などの名称がみえる。年玉銀は年玉としての金銭、年玉扇は町人らが贈り物とした扇、年玉薬は年玉丸(がん)ともいって医者が配った粗製の丸薬である。このように、近世の町場では年玉の品物が特定する傾向もあったが、全国的には餅(もち)がその中心である。正月の餅のなかで、とくに家族の数だけの小餅をつくり、それを年棚にあげて雑煮(ぞうに)にして食べるといった慣習はまだ各地に残っている。新しい年を迎えて歳(とし)を一つ重ねることを、こうした年玉が象徴しているのである。島根県の海岸部では、大晦日(おおみそか)に年神様が年玉を配りにくると伝えている。また、鹿児島県の甑(こしき)島ではトシドン(年殿)に扮(ふん)した若者が戸別に訪れて、子供に年玉の餅を与えるといった行事が営まれている。こうした年玉としての餅をフクデ、タマシイ、ミイワイとよぶ地方も少なくない。いずれも自身の霊力や活力を意味することから、年玉を食すことによって、弱った霊力や活力を更新すると考えられてきた。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の年玉の言及

【餅】より

…そうした餅を人間が儀礼食として食べるということは,神の霊力を体内に鎮め,生命力を再生・補強することであった。新年の年玉(としだま)は年魂であり,昔は餅を各人に授けて年をとらせる習俗が各地にあったが,鹿児島県の甑島(こしきじま)では現在も新年の夜にトシドンという神が各家を訪れて餅を授け,その餅をトシダマといっている。年の改まった新年にはとくに稲霊によって生命を再生させるために,餅に対する期待が強かったのである。…

※「年玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

年玉の関連キーワード御年玉こづか小使い小遣い小遣い銭小遣い帳小遣い取り御小遣正月小屋小塚

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年玉の関連情報