コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とて トテ

デジタル大辞泉の解説

とて[格助・接助・係助]

[格助]名詞、引用の句・文に付く。
引用を表す。…といって。…と思って。「山に登るとて出かけた」
「この名しかるべからず―、かの木を伐(き)られにけり」〈徒然・四五〉
事物の名称、役職名などを表す。…という名で。…といって。
「新三位中将資盛卿、その時はいまだ越前守―十三になられけるが」〈平家・一〉
[接助]活用語の終止形、助詞などに付く。打消し・反語の意の表現を伴って、ある条件を述べそれが順当な予想に反する結果を生じることを表す。…としても。…といっても。「言ったとて、どうにもならない」→からとてって
[係助]名詞または名詞に準じる語に付く。
ある事物が、例外でなく他の一般の場合の中に含まれることを表す。…だって。…でも。「私とて不安がないわけではない」「違反すれば、未成年者とて許すわけにはいかない」
下の動作の根拠を提示する意を表す。「子供のこととて大目にみよう」
[補説]語源については、格助詞「と」に接続助詞「て」の付いたものとする説や、断定の助動詞「たり」の連用形に接続助詞「て」の付いたものとする説などがある。の場合、多く「こととて」の形で用いられるが、理由を表す接続助詞とする扱いもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とて

〔格助詞「と」に接続助詞「て」が付いたものから〕
( 格助 )
文または文に相当する語句に付いて、「といって」「と思って」の意を表す。 「買物に行く-出かけた」 「写真をとる-高い所へ上った」 「一の上かみにてやみなん-出家し給ひにけり/徒然 83」 「男もすなる日記といふものを、女もしてみむ-するなり/土左」
体言に付く。
原因・理由を表す。現代語では、多く「こととて」の形で用いられる。 「なれぬこと-やりそこなった」 「しなれぬ業-見つけられ/歌舞伎・阿波の鳴門」
「といって」の意を表す。 「真乗院に盛親じようしん僧都-やんごとなき智者ありけり/徒然 60
( 係助 )
体言や準体助詞「の」に付いて、ある事物が他の一般の場合と同様の事情に属することを表す。…でも。…だって。 「その件に関しては、部長-責任はまぬかれない」 「文字が鮮明でないという点では、私の持っているの-変わりはありません」
( 接助 )
活用語の終止形や接続助詞「ば」「から」などに付いて、仮定の逆接条件を表す。ある事物が正当の理由にはならない、または予想とは逆の結果を招く、といった場合の条件を表すのに用いられる。たとえ…といっても。…としても。 「法案が成立した-、実施できなければだめだ」 「体調が悪かったから-、無断欠席は困る」 「あやしの物なり-、したしくなつけ侍らんに、いかでかその徳を得ざらん/仮名草子・伊曽保物語」 → たって(接助)って(接助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とての関連キーワード手首・手頸・手頚口を引き垂る『土佐日記』仕掛け山伏さらむには御強に掛く無き世語り縁に付く娑婆世界果ての事大御息所真っ斯うからって鹿尾菜藻競ひ顔帚・箒難無し其れ屋事とて伊達心

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とての関連情報