とばかり(読み)トバカリ

デジタル大辞泉の解説

と‐ばかり[副]

[副]ちょっとの間。しばし。
「高欄におしかかりて、―眺め給ふ」〈・須磨〉

と‐ばかり[連語]

[連語]《格助詞「と」+副助詞「ばかり」》「と」を受ける内容の限定を表す。…とだけ。
「民子は私が殺した様なものだ、―いって居て」〈左千夫野菊の墓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とばかり

( 副 )
しばらく。ちょっとの間。 「 -ありて楼へ二所渡し奉り給へり/宇津保 楼上・下

とばかり

( 連語 )
〔格助詞「と」に副助詞「ばかり」の付いたもの〕
とだけ、というだけ、の意を表す。 「私は頭が悪くて、いくら勉強してもだめだ、-言っている」 「今はただ思ひ絶えなむ-を人づてならでいふよしもがな/後拾遺 恋三
(「とばかりに」の形で)ある事柄が今にも実現しようとしている状態を表す。 「一気に敵陣を突破しよう-に、猛攻撃をしかけた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とばかりの関連情報