コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とばかり トバカリ

デジタル大辞泉の解説

と‐ばかり[副]

[副]ちょっとの間。しばし。
「高欄におしかかりて、―眺め給ふ」〈・須磨〉

と‐ばかり[連語]

[連語]《格助詞「と」+副助詞「ばかり」》「と」を受ける内容の限定を表す。…とだけ。
「民子は私が殺した様なものだ、―いって居て」〈左千夫野菊の墓

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とばかり

( 副 )
しばらく。ちょっとの間。 「 -ありて楼へ二所渡し奉り給へり/宇津保 楼上・下

とばかり

( 連語 )
〔格助詞「と」に副助詞「ばかり」の付いたもの〕
とだけ、というだけ、の意を表す。 「私は頭が悪くて、いくら勉強してもだめだ、-言っている」 「今はただ思ひ絶えなむ-を人づてならでいふよしもがな/後拾遺 恋三
(「とばかりに」の形で)ある事柄が今にも実現しようとしている状態を表す。 「一気に敵陣を突破しよう-に、猛攻撃をしかけた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とばかりの関連キーワード傍焼き・岡焼き・傍焼・岡焼クライメートゲート事件吉住 小三郎(4代目)泣き崩れる・泣崩れる流石・有繋・有繫・遉咲き誇る・咲誇る生まれ性・生れ性金の斧・銀の斧如何にや如何に浮世亭 夢丸三一致の法則あらましごと蘇我河上娘潮田又之丞押し掛かる袖に時雨る吉住 慈恭得たり賢し今を盛り炬燵弁慶

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とばかりの関連情報