コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高欄 こうらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高欄
こうらん

とも書く。建物の縁,須弥壇などの端にある手すり,欄干。地覆 (じふく) ,平桁 (ひらげた) ,架木 (ほこぎ) の3つの水平材から成る。架木の先端がまっすぐなものを組高欄,そり上がっているものを刎 (はね) 高欄,隅あるいは端に擬宝珠 (ぎぼし) 柱を立てたものを擬宝珠高欄という。禅宗様建築では擬宝珠の代りにハスの花をつけ,架木の端部が蕨手 (わらびで) となって地覆まで下がる。平桁,地覆間に装飾を入れたものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐らん〔カウ‐〕【高欄】

宮殿・神殿などのまわりや、橋・廊下などの両側につけた欄干(らんかん)。擬宝珠(ぎぼし)高欄・跳(はね)高欄などがある。勾欄(こうらん)。
いすのひじ掛け。
「御倚子(ごいし)にうちかけられて、―折れにけり」〈岩瀬本大鏡宇多
牛車(ぎっしゃ)の前後の、口の下のほうに張り渡した低い仕切りの板。軾(とじきみ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高欄【こうらん】

勾欄とも記。宮殿,寺院などの回り縁,橋の両側,須弥(しゅみ)壇の周囲など,人が落ちないよう,また意匠的美観から設ける手すり。3段の横木からなり,柱頭に擬宝珠(ぎぼし)をつけたものを擬宝珠高欄,すみに擬宝珠がなく端部の先端をはね出したのを刎(はね)高欄と呼ぶ。
→関連項目春日造バルコニー欄干

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうらん【高欄】

縁,基壇,階段などの端に設ける装飾と安全を兼ねた手すりで,〈勾欄〉とも書かれる。古語では〈おばしま〉。下から地覆(じふく),平桁(ひらげた),架木(ほこぎ)の横材が斗束(ますづか)に支えられ,斗束の間に平桁を支える栭束たたらづか)がある。隅や端の納まりによって,親柱をたて上に擬宝珠(ぎぼし)をおく〈擬宝珠高欄〉,親柱を使わず架木先端を長く,平桁と地覆先端をわずかに出す〈組高欄〉,架木先端をそらせる〈刎(はね)高欄〉などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高欄
こうらん

日本建築で縁や廊下、あるいは橋につく欄干をいう。勾欄(こうらん)とも書く。高欄の横材は上から架木(ほこぎ)、平桁(ひらげた)、地覆(じふく)と3本通り、平桁を通して地覆から架木を支える材を斗束(とづか)、中間で平桁だけを支える材を(たたらづか)という。高欄の隅は、架木、平桁、地覆を組み合わせるものと、親柱(おやばしら)を立てるものがあり、前者を跳(はね)高欄(刎(はね)高欄)、後者を擬宝珠(ぎぼし)高欄とよび、また、階段両脇(わき)につくものを登(のぼり)高欄、入口両脇につくものを袖(そで)高欄とよぶ。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高欄の言及

【欄干】より

…橋または建物の外縁などに縦横に材をわたして,人の墜落を防ぐ手すりで,装飾を兼ねるものもある。高欄(こうらん)に同じ。闌干とも書く。…

※「高欄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高欄の関連キーワード卍崩し組み子輦台・蓮台勾欄・高欄思ひ澄ます押し掛かる神明造り居明かすとばかり塵取り輿登り高欄御倚子塵取り大洲城大太鼓滝宮橋方立楼門輦台小輿逆蓮

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高欄の関連情報