コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のぞきからくり

百科事典マイペディアの解説

のぞきからくり

覗機関と書き,覗眼鏡ともいう。大道見世物の一つで,絵解きを見世物化したもの。ふつう箱の前面に数個のレンズを取り付けた穴があり,内部に仕掛けた風景や劇の続き絵を,左右の2人の説明入りでのぞかせるもの。幕末〜明治期に流行した。なおのぞき穴が一つで小型のものもある。
→関連項目眼鏡絵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のぞきからくり
のぞきからくり

大道の演芸の一種。幅三尺余(ほぼ1メートル)の屋台の前面に五つ六つの、レンズがはめられたのぞき穴をあける。この穴からのぞくと箱の中の絵が拡大されて見え、その絵を一枚ごとに紐(ひも)で上へ引き上げて一編の物語を見せるという仕掛けである。屋台の左右に男女が立ち、鞭(むち)を持って屋台をたたきながら「からくり節」という七五調の古風な口調の物語を語りつつ筋を展開した。もとは中国におこって寛永(かんえい)(1624~44)ごろに長崎に渡来したというがさだかではない。江戸中期には縁日祭礼の見せ物となっていたようである。最初は絵だけを見せる簡単なものであったが、のちに流行の歌祭文(うたざいもん)と結び付き口説(くどき)節を取り入れて、『お七吉三(きちさ)』『お半長右衛門(ちょうえもん)』『お染久松』といった歌舞伎種(かぶきだね)や、明治末には新派の『不如婦(ほととぎす)』『己(おの)が罪(つみ)』などから『肉弾三勇士』などの時局物まで幅の広い演目を有していた。「地獄極楽」に代表される辻(つじ)説教の歴史も一方にもちつつ、第二次世界大戦後にまでその伝統が細々と伝えられていたが、今日ではほとんどみることができない。[織田紘二]
『山本慶一他著『芸双書8 えとく――紙芝居・のぞきからくり・写し絵の世界』(1982・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

のぞきからくりの関連キーワードオーギュスト リュミエールリュミエール(兄弟)ルイ リュミエール覗きからくり河竹黙阿弥大岡政談村井長庵円山応挙からくり紙芝居大道芸浮絵

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android