コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はくちょう座61番星 はくちょうざろくじゅういちばんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はくちょう座61番星
はくちょうざろくじゅういちばんせい

61Cygni 太陽系からの距離約 11光年にある最近星の一つ。 1838年ドイツの F.ベッセルにより最初に視差が測定された恒星の一つである。黄色の実視連星 (5.2等と 6.0等) で,公転周期は約 700年。 1943年その軌道のゆがみから,両星の一方を木星の 16倍程度の質量をもつ惑星が周期約5年で回っていることが推測され,太陽系外に発見された最初の惑星系をもつ恒星として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

はくちょう座61番星の関連キーワードはくちょう座61番星(白鳥座61番星)P.ファン・デ カンプK.A. ストランドはくちょう(白鳥)座はくちょう座恒星目録

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android