コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)

最近特に温暖地で発生が増えつつある糸状菌病。梅雨期に入ると下葉から小型の赤色または紫色の斑点を形成し、これが徐々に拡大する。ある程度広がると赤紫色の輪紋状病斑となりちょうど豹のまだら模様のようになる。病斑は大型で長さ0.5〜5cm、幅0.2〜5cmにもなる。多湿条件では葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード糸状菌条斑細菌病(トウモロコシ)赤かび病(ソルガム・スーダングラス)いもち病(リードカナリーグラス)いもち病(スィートバーナルグラス)いもち病(ラブグラス類)褐点病(ローズグラス)いもち病(キクユグラス)いもち病(オオクサキビ)いもち病(グリーンパニック)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone