コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)

最近特に温暖地で発生が増えつつある糸状菌病。梅雨期に入ると下葉から小型の赤色または紫色の斑点を形成し、これが徐々に拡大する。ある程度広がると赤紫色の輪紋状病斑となりちょうど豹のまだら模様のようになる。病斑は大型で長さ0.5〜5cm、幅0.2〜5cmにもなる。多湿条件では葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。

出典|畜産草地研究所
飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone