コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょう紋病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(チモシー)

関東で発生する、葉に大型の斑点を生じる糸状菌病。初めは紡錘形銅色の小斑点を葉に生じるが、やがて葉を横切る大きな病斑となり、銅色の不規則な豹紋状となる。後に病斑が融合して葉枯を引き起こす。古い病斑では小黒点(菌核)が認められることがある。病斑周辺はあまり黄化しない。病原菌はソルガムなどの菌と同種だが、寄生性は若干異なるとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android