コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょう紋病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(チモシー)

関東で発生する、葉に大型の斑点を生じる糸状菌病。初めは紡錘形銅色の小斑点を葉に生じるが、やがて葉を横切る大きな病斑となり、銅色の不規則な豹紋状となる。後に病斑が融合して葉枯を引き起こす。古い病斑では小黒点(菌核)が認められることがある。病斑周辺はあまり黄化しない。病原菌はソルガムなどの菌と同種だが、寄生性は若干異なるとされる。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android