コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぷうん プウン

デジタル大辞泉の解説

ぷうん

[副]《「ぷーん」と書くことも多い》
強いにおいが漂っているさま。強いにおいがしきりに鼻をつくさま。比喩的にも用いる。「台所からカレーのにおいがぷうんとしてくる」「昼間から酒のにおいをぷうんとさせている」「犯罪のにおいがぷうんとする」
高い音が小さく響くさま。「ハエがぷうんと飛び回る」
ひどく怒って機嫌の悪いさま。「不機嫌そうにぷうんとそっぽを向く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android