ぶるぶる(読み)ブルブル

デジタル大辞泉の解説

ぶる‐ぶる

[副](スル)小刻みに震動するさま。また、寒さや恐怖などのために震えるさま。「風で水面がぶるぶる(と)揺れる」「怒りにからだをぶるぶる(と)させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶるぶる

( 副 ) スル
小きざみにゆれ動くさま。また、寒さ・恐怖などで、体が震えるさま。 「怖くて-(と)震える」 「手が-して字が思うように書けない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶる‐ぶる

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① こきざみにえ動くさま、恐怖や緊張感、寒さなどで唇や身体のふるえるさまを表わす語。
※雑俳・川柳評万句合‐安永八(1779)義六「ぶるぶるとすると三疋ししが出来」
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「ぶるぶると、ふるへる娘の手をとれば」
② 物の破れこわれる音や震動する音を表わす語。〔名語記(1275)〕
婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「扉の響きは、ぶるぶると、お妙の細い靴の尖に伝はって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶるぶるの関連情報