中黒(読み)なかぐろ

精選版 日本国語大辞典「中黒」の解説

なか‐ぐろ【中黒】

〘名〙
矢羽の名。の羽の上下が白く、中を褐色とする斑文(ふもん)をいう。黒い部分の大小によって、大中黒小中黒という。〔文明本節用集(室町中)〕
② 紋所の名。幅広の一引両(ひとつひきりょう)をいう。新田氏の紋。
※太平記(14C後)一四「中黒(なかクロ)にあらざれば、当家の用に詮無し」
③ 中央に小のある記号活字「・」。並列点や縦組の小数点などに用いられる。中点黒丸

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中黒」の解説

なか‐ぐろ【中黒】

記号活字の「・」。縦書きの小数点、同種のものの並列の区切りなどに用いる。中点なかてん
ワシの矢羽で、上下が白く、中央に黒い切斑きりふのあるもの。黒い部分の大小によって大中黒・小中黒という。
紋所の名。新田氏の紋で、輪の中に横に黒く太い一線を引いたもの。一つ引両ひきりょう
[類語]ぽちぽつちょぼちょんドット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「中黒」の解説

中黒

文章に使う点「・」の名前。文章を口で伝える時などに、漢字の「点」などと間違えないように使う。他に、「( )」はパーレン、「…」はリーダーなど。これらのような記号を約物(やくもの)という。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android