コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中黒 ナカグロ

デジタル大辞泉の解説

なか‐ぐろ【中黒】

記号活字の「・」。縦書きの小数点、同種のものの並列の区切りなどに用いる。中点(なかてん)。
ワシの矢羽で、上下が白く、中央に黒い切斑(きりふ)のあるもの。黒い部分の大小によって大中黒小中黒という。
紋所の名。新田氏の紋で、輪の中に横に黒く太い一線を引いたもの。一つ引両(ひきりょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

中黒

文章に使う点「・」の名前。文章を口で伝える時などに、漢字の「点」などと間違えないように使う。他に、「( )」はパーレン、「…」はリーダーなど。これらのような記号約物(やくもの)という。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

なかぐろ【中黒】

単語を並列するときの区切りなどに用いる記号。「・」のこと。黒丸。
切斑きりふで、上下が白く、中央が黒いもの。その黒い部分の大きいのを大中黒、小さいのを小中黒という。また、それで作った矢羽根。 → 中白矢羽根
家紋の一。輪の中に横に黒く太い一の字のあるもの。新田氏の紋。一つ引両ひきりよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中黒の関連キーワード付加価値貿易イニシアチブ勝山(福岡県)矢羽根・矢羽黒野田宿泰順句切り符号打立てるオコジョ山本芳翠矢羽根母系制白磨り句読点溜の間文章船印中白切斑中点黒丸黒瀬

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中黒の関連情報