中黒(読み)ナカグロ

デジタル大辞泉の解説

なか‐ぐろ【中黒】

記号活字の「・」。縦書きの小数点、同種のものの並列の区切りなどに用いる。中点(なかてん)。
ワシの矢羽で、上下が白く、中央に黒い切斑(きりふ)のあるもの。黒い部分の大小によって大中黒小中黒という。
紋所の名。新田氏の紋で、輪の中に横に黒く太い一線を引いたもの。一つ引両(ひきりょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

中黒

文章に使う点「・」の名前。文章を口で伝える時などに、漢字の「点」などと間違えないように使う。他に、「( )」はパーレン、「…」はリーダーなど。これらのような記号約物(やくもの)という。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

なかぐろ【中黒】

単語を並列するときの区切りなどに用いる記号。「・」のこと。黒丸。
切斑きりふで、上下が白く、中央が黒いもの。その黒い部分の大きいのを大中黒、小さいのを小中黒という。また、それで作った矢羽根。 → 中白矢羽根
家紋の一。輪の中に横に黒く太い一の字のあるもの。新田氏の紋。一つ引両ひきりよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐ぐろ【中黒】

〘名〙
矢羽の名。鷲の羽の上下が白く、中を褐色とする斑文(ふもん)をいう。黒い部分の大小によって、大中黒・小中黒という。〔文明本節用集(室町中)〕
紋所の名。幅広の一引両(ひとつひきりょう)をいう。新田氏の紋。
太平記(14C後)一四「中黒(なかクロ)の旌にあらざれば、当家の用に詮無し」
③ 中央に小点のある記号活字「・」。並列点や縦組小数点などに用いられる。中点黒丸

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中黒の関連情報