コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めさまし草 めさましぐさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

めさまし草
めさましぐさ

文芸雑誌。『目不酔草』とも書く。 1896年1月~1902年2月。 56冊。森鴎外主宰。『しがらみ草紙』が鴎外の日清戦争参加のため休刊となっていたので,その後身として鴎外の帰国後発刊されたもの。『即興詩人』の続編など鴎外の作品を中心に,小金井喜美子幸田露伴落合直文斎藤緑雨尾崎紅葉ら当時一流の文学者を集め,特に鴎外,緑雨,露伴による『三人冗語』 (のち『雲中語』) は最も権威ある創作合評と目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めさましぐさ【めさまし草】

明治期の文芸雑誌。1896年1月創刊,1902年2月終刊。全56冊。37号から《目不酔草》と表記。森鷗外の編集,めさまし社発行で,《しからみ草紙》の後身の位置を占める。斎藤緑雨,幸田露伴,鷗外の合評〈三人冗語〉,これに依田(よだ)学海饗庭篁村(あえばこうそん),尾崎紅葉が加わった〈雲中語(うんちゆうご)〉は同時代批評の白眉とされる。竹柏園(ちくはくえん)系の短歌,正岡子規一門の俳句,森槐南(もりかいなん),野口寧斎(ねいさい)の漢詩など韻文にも力を傾け,三木竹二の劇評とともに注目された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めさましぐさ【めさまし草】

文芸雑誌。1896年(明治29)創刊、1902年廃刊。通巻五六冊。森鷗外・幸田露伴・斎藤緑雨により「しからみ草紙」のあとを継いで発刊。「三人冗語」「雲中語」などの合評形式による文芸批評が特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のめさまし草の言及

【三人冗語】より

…森鷗外主宰の雑誌《めさまし草》第3~7号(1896年3月~7月)において,鷗外,幸田露伴,斎藤緑雨の3人が行った作品合評。〈頭取(とうどり)〉(鷗外)による作品紹介に続いて,〈ひいき〉〈さし出〉などの変名の人物が批評する形式をとる,最初の匿名座談会形式の文芸時評。…

※「めさまし草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

めさまし草の関連キーワード森鴎外(年譜)原田直次郎文芸批評文芸時評漫画書評草紙特色

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android