コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しがらみ草紙 しがらみぞうし

3件 の用語解説(しがらみ草紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しがらみ草紙
しがらみぞうし

文芸雑誌。 1889年 10月~94年8月。通巻 59号。森鴎外が弟三木竹二 (森篤次郎) らと,西洋文学に立脚する文学論確立のために始めた日本で初めての文学評論誌。当時の混乱した文壇の流れに柵 (しがらみ) をかける意味で誌名がつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しがらみそうし〔しがらみサウシ〕【しがらみ草紙】

森鴎外が主宰した月刊の文芸雑誌。明治22年(1889)10月創刊、同27年8月、59号で廃刊。幸田露伴落合直文らが執筆。浪漫主義の拠点となり、文芸評論を文壇に確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しがらみ草紙
しがらみぞうし

文芸雑誌。1889年(明治22)10月~94年8月。全59冊。初め新声社、のち、しがらみ社発行。森鴎外(おうがい)を中心に森篤次郎(とくじろう)(三木竹二(たけじ))、小金井喜美子(きみこ)の鴎外弟妹、さらに井上通泰(みちやす)、落合直文(なおぶみ)らが創刊。文壇の流れに柵(しがらみ)をかけるという使命感のもと、文学評論や翻訳に大きな役割を果たした。とくに評論では鴎外が活躍、石橋忍月(にんげつ)との『舞姫』『うたかたの記』論争、あるいは坪内逍遙(しょうよう)とのいわゆる没理想論争などが有名である。翻訳では初期の鴎外『埋(うも)れ木』、小金井喜美子『浴泉記(よくせんき)』が特記されるが、後期では鴎外『即興詩人』の連載がある。創作では鴎外『うたかたの記』、幸田露伴(こうだろはん)『艶魔伝(えんまでん)』のほかはみるべきものはない。また井上通泰や三木竹二らの歌人や歌舞伎(かぶき)作者などの評伝も本誌の特色となっているが、一方、漢詩や和歌なども多く掲載している。ほかに執筆者としては、尾崎紅葉、斎藤緑雨(りょくう)、内田不知庵(ふちあん)(魯庵(ろあん))、森田思軒(しけん)らがいる。[大屋幸世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しがらみ草紙の関連キーワード群像新小説文芸文芸倶楽部文芸時代文章世界しからみ草紙芸文槿文芸雑誌

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone