コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もち(糯) もち

百科事典マイペディアの解説

もち(糯)【もち】

イネ,トウモロコシ,ムギ類などイネ科作物のデンプンにみられる遺伝的性質で,アミロースが少なくアミロペクチンを多く含むもの。(うるち)に対する語。ヨウ素により赤紫色に染まる。
→関連項目イネ(稲)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

もち(糯)の関連キーワード強飯

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android