コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウル

百科事典マイペディアの解説

粳【うるち】

もち)に対する語。イネ,トウモロコシ,オオムギなどイネ科植物のデンプンにみられる性質で,糯よりもアミロースが多い。糯にくらべると煮たときに粘りが少ない。ヨウ素により青紫色に染まる。
→関連項目イネ(稲)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うる【粳】

稲・粟・きびなどで、炊いたとき粘り気の少ない品種。うるち。うるしね。 ↔ もち

うるち【粳】

一般に、炊いて飯にする、粘り気の少ない米。うるごめ。うるちまい。うるしね。 〔デンプン成分は15~35パーセント程度のアミロースと65~85パーセント程度のアミロペクチンからなる〕 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粳 (イネ)

学名:Oryza sativa
植物。イネ科の一年草,薬用植物

粳 (ウルシネ・ウルチ)

植物。粳種の稲または別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

粳の関連キーワード陸稲(りくとう)糯黍・餅黍・餠黍捻り餅・捻り餠アミロペクチン春駒(餅菓子)もち(糯)【しん】粉安倍子美奈宇留之禰みじん粉糯粟・秫焼き餅黍・稷徳用米飛竜頭笹の実餅菓子早団子糯粳性糯米