コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆすり場 ゆすりば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆすり場
ゆすりば

歌舞伎の,おもに世話物における演出または場面の一つ。人の弱みを握って,それを種に金品を強引にねだる場面。幕末の世話物に多い演出で,ゆすり場の主人公の多くは,七五調にのり,縁語懸詞 (かけことば) の多いせりふを述べる。『弁天小僧』の浜松屋,『切られ与三』の「玄冶店」 (初演では「源氏店」) などはその代表。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゆすり場【ゆすりば】

歌舞伎の類型的な場面の一つ。主役の悪党が,だれかに因縁をつけ金品をねだる筋を中心にした場面のこと。ゆする人物の音楽的なせりふ,律動的な姿態,一種の退廃的なムードが見どころで,江戸末期の世話物には多く登場した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ゆすり場の関連キーワード小袖曽我薊色縫白浪五人男

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android