コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆすり場 ゆすりば

2件 の用語解説(ゆすり場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆすり場
ゆすりば

歌舞伎の,おもに世話物における演出または場面の一つ。人の弱みを握って,それを種に金品を強引にねだる場面。幕末の世話物に多い演出で,ゆすり場主人公の多くは,七五調にのり,縁語や懸詞 (かけことば) の多いせりふを述べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゆすり場【ゆすりば】

歌舞伎の類型的な場面の一つ。主役の悪党が,だれかに因縁をつけ金品をねだる筋を中心にした場面のこと。ゆする人物の音楽的なせりふ,律動的な姿態,一種の退廃的なムードが見どころで,江戸末期の世話物には多く登場した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ゆすり場の関連キーワード生世話物時代物愛想尽かし生世話時代世話世話敵世話狂言世話事世話に砕ける世話丸髷

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone