アイオリス人(読み)アイオリスじん

  • Aeolians
  • Aioleisギリシア語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ギリシアのアイオリス方言を話す人々。紀元前二千年紀代に、テッサリアやボイオティアからサモスを経てアイオリス地方(ヘレスポントス海峡からヘルモス河口に及ぶ地域)へ移住した。キメーを中心とする12のポリスをつくったが、彼らは現地の異民族とかなりの融合を遂げたと思われる。フリギアと交易を行ったが、主として農業を営んだ。一時期を除いてペルシアの勢力下にあり、ヘレニズム期はセレウコス朝やペルガモンの支配を受けた。ローマ時代には内陸地方の発展でアイオリス諸市は重要性を失った。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

古代ギリシア人の一派
東方方言群のアイオリス方言を話し,北部のテッサリア地方に住んでいたが,ドーリア人侵入によって,一部は海を渡り,小アジア北部に植民地を開いた。彼らの伝承ホメロスの成立に役だっていると考えられる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報