コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイオリス人(読み)アイオリスじん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイオリス人
あいおりすじん
Aioleisギリシア語

古代ギリシアのアイオリス方言を話す人々。紀元前二千年紀代に、テッサリアやボイオティアからサモスを経てアイオリス地方(ヘレスポントス海峡からヘルモス河口に及ぶ地域)へ移住した。キメーを中心とする12のポリスをつくったが、彼らは現地の異民族とかなりの融合を遂げたと思われる。フリギアと交易を行ったが、主として農業を営んだ。一時期を除いてペルシアの勢力下にあり、ヘレニズム期はセレウコス朝やペルガモンの支配を受けた。ローマ時代には内陸地方の発展でアイオリス諸市は重要性を失った。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android