コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイオリス人 アイオリスじん

百科事典マイペディアの解説

アイオリス人【アイオリスじん】

古代ギリシア人の一分派。ドリス人侵入以前にギリシアに来住,前1000年ころボイオティア,テッサリアからレスボス島,小アジア西岸北部のアイオリスAiolis地方に進出した。
→関連項目テッサリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイオリス人
あいおりすじん
Aioleisギリシア語

古代ギリシアのアイオリス方言を話す人々。紀元前二千年紀代に、テッサリアやボイオティアからサモスを経てアイオリス地方(ヘレスポントス海峡からヘルモス河口に及ぶ地域)へ移住した。キメーを中心とする12のポリスをつくったが、彼らは現地の異民族とかなりの融合を遂げたと思われる。フリギアと交易を行ったが、主として農業を営んだ。一時期を除いてペルシアの勢力下にあり、ヘレニズム期はセレウコス朝やペルガモンの支配を受けた。ローマ時代には内陸地方の発展でアイオリス諸市は重要性を失った。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイオリス人の関連キーワードケルソネソス・トラキニアミティリーニミティリニアイオロスヘシオドスミティレネレズボス島合唱隊歌アッソスイズミルアイノスヘレン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android