アイオリス人(読み)あいおりすじん(英語表記)Aioleis ギリシア語

日本大百科全書(ニッポニカ)「アイオリス人」の解説

アイオリス人
あいおりすじん
Aioleis ギリシア語

古代ギリシアのアイオリス方言を話す人々。紀元前二千年紀代に、テッサリアやボイオティアからサモスを経てアイオリス地方(ヘレスポントス海峡からヘルモス河口に及ぶ地域)へ移住した。キメーを中心とする12のポリスをつくったが、彼らは現地の異民族とかなりの融合を遂げたと思われる。フリギアと交易を行ったが、主として農業を営んだ。一時期を除いてペルシアの勢力下にあり、ヘレニズム期はセレウコス朝やペルガモンの支配を受けた。ローマ時代には内陸地方の発展でアイオリス諸市は重要性を失った。

[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「アイオリス人」の解説

アイオリス人
アイオリスじん
Aeolians

古代ギリシア人の一派
東方方言群のアイオリス方言を話し,北部のテッサリア地方に住んでいたが,ドーリア人侵入によって,一部は海を渡り,小アジア北部に植民地を開いた。彼らの伝承ホメロスの成立に役だっていると考えられる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「アイオリス人」の解説

アイオリス人【アイオリスじん】

古代ギリシア人の一分派。ドリス人侵入以前にギリシアに来住,前1000年ころボイオティア,テッサリアからレスボス島,小アジア西岸北部のアイオリスAiolis地方に進出した。アイオリス方言を使用。
→関連項目テッサリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android