コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイガー山 アイガーさん

2件 の用語解説(アイガー山の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アイガーさん【アイガー山】

スイス中南部のヨーロッパアルプスの名峰で、同国を代表する山の一つ。標高は3975m。高さ1800mの岩壁であるアイガー北壁は、グランドジョラスウォーカー側稜、マッターホルン北壁とともに三大北壁の一つで、最も困難な登山ルートとして知られる。アイガートンネル内にあるユングフラウ鉄道(Jungfraubahn)の上り列車ユングフラウヨッホ行き)が停車するアイガーヴァント(Eigerwand)駅のホームに隣接する展望台から、ガラス窓越しにアイガー北壁を眺めることができる。アイガー北壁の麓には小さな村グリンデルヴァルト(Grindelwald)があり、アイガー観光の拠点として年間100万人の観光客が訪れる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイガー山
あいがーさん
Eiger

スイス中部、アルプスのベルナー・オーバーラントにある高峰。標高3970メートル。ユングフラウ、メンヒとともにユングフラウ山群を形成する。インターラーケンから鉄道でクライネシャイデックに達すると、すぐ近くに見える。南にアイガー氷河を巡らし、北は1800メートルの高度差をもつ石灰岩の岩壁となってグリンデルワルトの谷に臨んでいる。登山史上しばしば登場する名峰で、初登頂は1858年、イギリス人チャールス・バリントンによって達成され、冬季初登頂は1890年、イギリス人M・M・ミード、ウッドラフによって行われた。1924年にはイギリス人アーノルド・ランらによってスキーによる初登頂がなされた。1921年には槇有恒(まきありつね)が東山稜(さんりょう)の初登攀(とうはん)を行い、日本人の登山技術が世界に知られ、これを契機としてヨーロッパの登山技術が日本に伝えられた。アイガー北壁は、マッターホルン、グランド・ジョラスとともにアルプス三大北壁として登攀の困難なことで知られ、アルピニストの挑戦の対象となった。北壁は、1938年、ドイツ人A・ヘックマイヤー、オーストリア人ハインリヒ・ハラーらによって初登攀され、冬季は1960年、同国のトニー・ヒーベラーらによって初登攀された。多くの日本人もこの北壁に挑み、女性では1969年に今井通子(いまいみちこ)が登攀している。[徳久球雄]
『ハインリヒ・ハラー著、横川文雄訳『白いクモ』(1966・二見書房) ▽槇有恒著『山行』(旺文社文庫) ▽A・ヘックマイヤー著、安川茂雄訳『アルプス三つの壁』(1966・二見書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイガー山の関連キーワードアルプス南ヨーロッパヨーロッパ復興計画ベルナーオーバーラントヨーロッパトルコヨーロッパロシアメンヒ山メンヒスヨッホヒュッテアイガー[山]ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone