コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスマン

百科事典マイペディアの解説

アイスマン

別名エッツイ。1991年オーストリアイタリア国境のアルプス山中で偶然氷河から見つかった前3000年頃の新石器時代末期の男性の遺体。遺体そのものの保存も良好であったが,当時の標準的な装備も身につけていたため遺物研究にも寄与するところが大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイスマン
あいすまん
Iceman

氷河中より発見された紀元前3300~3100年ごろの石器時代人のミイラの通称。1991年9月、オーストリアのチロール州とイタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ自治州の間にあるアルプス山中、エッツタール渓谷の溶けかけた氷河(標高3200メートル付近)から身体状態が良好に保たれたまま発見された。ドイツ語では発見地から「エッツィtzi」とよばれる。
 死後5100~5300年余りを経過した新石器時代末期の男性で、年齢は25歳~40歳代、身長160センチメートル、体重40キログラムと推定され、背中や手足に入れ墨があった。顔面の状態や左肩からみつかった矢尻(やじり)(矢の先)により、背後から矢で射られ、顔を殴られるなどして出血多量で死んだらしいことがわかっている。また、ザールラントSaarland大学(ドイツ)を中心にした国際研究チームが細胞核DNAの全遺伝情報(ゲノム)を解読した結果を2012年2月に発表した。これによると、血液型はO型で瞳(ひとみ)は茶色、牛乳などに含まれる乳糖の消化酵素がつくれない体質のために胃腸が弱い可能性があることがわかった。イタリアのボルツァーノ県立考古学博物館の冷凍庫に保管され、研究が続けられている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アイスマンの関連キーワードユーゴ紛争畑知子世界の国旗山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官借地権ユーゴスラビア史近い外国

アイスマンの関連情報