コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイソレーター アイソレーター isolator

翻訳|isolator

2件 の用語解説(アイソレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイソレーター(isolator)

振動・騒音の絶縁装置。特に、基礎構造物と建物の間に置かれる、ゴム・金属・ばねを組み合わせた隔離物などの耐震構造物をいう。
絶縁体。断路器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイソレーター【isolator】

マイクロ波や光波の伝送回路で用いられる回路素子の一つで,伝送線路の一方向には電磁波を伝えるが,その逆方向には伝えないという機能をもつ。この素子は通常,磁性体のもつファラデー回転の機能を利用する。これは磁界のかかった磁性体中で,磁界と平行に伝搬する電磁波がその偏波面を徐々に回転していく現象である。磁界と電磁波の向きがちょうど逆であると,偏波面は進行につれ反対向きに回転するので,偏光板のようなある偏波面の電磁波のみを通すものを両側においておくと,一方向の電磁波はうまくすり抜けられるが,逆方向の電磁波は通過できないようにすることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイソレーターの関連キーワード共振器空洞共振器マイクロ波マイクロ波通信マイクロ波着陸装置マイクロ波加熱マイクロ回線マイクロレンズアレイマイクロ波誘電加熱ストリップ線路

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイソレーターの関連情報