コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイホーレ

4件 の用語解説(アイホーレの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アイホーレ

インドカルナータカ州バーダーミ北部の村。6―8世紀に建立されたヒンドゥー教ジャイナ教の寺院が100以上もあり,チャールキヤ王国興隆の中心地と推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

アイホーレ(Aihole)

インド南部、カルナータカ州の村。6世紀から8世紀にかけて同地を支配した前期チャールキヤ朝の最初の都があった場所であり、のちにバーダーミに遷都した。石窟寺院をはじめ、馬蹄型のドゥルガー寺院アイホーレ最古のラードカーン寺院など、ヒンズー教やジャイナ教の寺院が100以上残っていることで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイホーレ【Aihoḷe】

南インド,カルナータカ州バーダーミの北東約45kmにある前期(西)チャールキヤ朝の遺跡。小規模なものや半壊したものも含めると100以上の石積寺院があり,石窟も2窟ある。一部のジャイナ教寺院のほかはすべてヒンドゥー教に属し,主要なものは6世紀後期から8世紀までの造営である。最も古いラード・ハーンLāḍ‐khān寺は,正方形の本殿に玄関を付け,ゆるい傾斜の屋根をのせた素朴な形態をとる。7世紀後期のドゥルガDurga寺は,仏教のチャイティヤ(塔を安置する祠堂)をしのばせる後円の長い堂に玄関を付けた珍しい形で,回廊の龕にすぐれた彫刻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイホーレ
あいほーれ
Aihole

インド、カルナータカ州、デカン地方南部にある歴史都市。6~8世紀にこの地方を支配していたチャールキヤ朝の中心地であり、その当時のヒンドゥー教石窟(せっくつ)寺院が多数残されている。なかでも有名なものはドゥルガー寺院とラードゥ・ハーン寺院である。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイホーレの関連キーワードバーコードリーダーバンガロールバーミューダ諸島ボーダーアクティブレーダーホーミングカルナータカ音楽サドバーコロナーダデータレコーダーヒンドゥスターニー音楽ベンガルール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイホーレの関連情報