コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイホーレ

百科事典マイペディアの解説

アイホーレ

南インド,カルナータカ州バーダーミ北部の村。6―8世紀に建立されたヒンドゥー教ジャイナ教の寺院が100以上もあり,チャールキヤ王国興隆の中心地と推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

アイホーレ(Aihole)

インド南部、カルナータカ州の村。6世紀から8世紀にかけて同地を支配した前期チャールキヤ朝の最初の都があった場所であり、のちにバーダーミに遷都した。石窟寺院をはじめ、馬蹄型のドゥルガー寺院やアイホーレ最古のラードカーン寺院など、ヒンズー教やジャイナ教の寺院が100以上残っていることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アイホーレ【Aihoḷe】

南インド,カルナータカ州バーダーミの北東約45kmにある前期(西)チャールキヤ朝の遺跡。小規模なものや半壊したものも含めると100以上の石積寺院があり,石窟も2窟ある。一部のジャイナ教寺院のほかはすべてヒンドゥー教に属し,主要なものは6世紀後期から8世紀までの造営である。最も古いラード・ハーンLāḍ‐khān寺は,正方形の本殿に玄関を付け,ゆるい傾斜の屋根をのせた素朴な形態をとる。7世紀後期のドゥルガDurga寺は,仏教のチャイティヤ(塔を安置する祠堂)をしのばせる後円の長い堂に玄関を付けた珍しい形で,回廊の龕にすぐれた彫刻がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイホーレ
あいほーれ
Aihole

インド、カルナータカ州、デカン地方南部にある歴史都市。6~8世紀にこの地方を支配していたチャールキヤ朝の中心地であり、その当時のヒンドゥー教石窟(せっくつ)寺院が多数残されている。なかでも有名なものはドゥルガー寺院とラードゥ・ハーン寺院である。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイホーレの関連キーワードジャイナ教美術インド美術バーラビ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android