コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカウニ アカウニ Pseudocentrotus depressus

5件 の用語解説(アカウニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカウニ
アカウニ
Pseudocentrotus depressus

棘皮動物門ウニ綱サンショウウニ目ラッパウニ科。食用。殻は赤色,殻径約 7cmで扁平。大棘は 2cm内外で先端は鋭くなく,赤褐色,白と赤褐色の混ったものなどの変異がある。日本固有種で,東京湾から九州までの浅海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカウニ

ヒラタウニとも。オオバフンウニ科の棘皮(きょくひ)動物。直径7cm,高さ3cm内外。殻は平たく,とげは比較的短く,通常暗赤色であるが,色の薄いこともある。管足も赤い。
→関連項目ウニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アカウニ

 [Pseudocentrotus depressus].ホンウニ目ホンウニ亜目のウニ.卵巣を食用にするウニの一種.殻径5〜8cm,殻高2〜3cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アカウニ【Pseudocentrotus depressus】

ウニ綱オオバフンウニ科の棘皮(きよくひ)動物。体表もとげも一様に赤いのでこの名がある。殻が平たく低いので別名ヒラタウニとも呼ばれる。日本特産で1属1種。本州中部以南に分布し,岩礁地帯の岩陰や岩の下,または浅海の岩棚などにすむ。殻の直径は7cm,高さ3cm内外。とげは比較的短く,殻径の1/3以下の長さで先端は鈍い。とくに口側のとげは短くて細く,ほとんど大型の管足の下に隠れる。まれに白いとげも混在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカウニ
あかうに / 赤海胆
[学]Pseudocentrotus depressus

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱オオバフンウニ科に属する海産動物。赤褐色で1~2センチメートルの長さのとげをもつ。殻は他種より平たく、直径8センチメートル、高さ3センチメートルぐらいになる。本州、四国、九州沿岸の磯(いそ)の浅瀬から水深4~5メートルぐらいの岩場に普通にみられる。混在するムラサキウニやキタムラサキウニとは色調と殻の高さで区別できるが、色は淡紅色や赤紫色のものがあり、殻の高さにもかなりの変異がある。漁獲量は日本産ウニ類のうち5~6位にあり、味は他種に比べてやや劣るとされる。繁殖期は9月下旬から1月初旬ごろまでである。1属1種で、系統類縁関係が明確でない。日本のほかに朝鮮半島南部と済州島に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…シラヒゲウニ,エゾバフンウニ,バフンウニなどは管足で小石や海藻片,ごみなどを殻の表面につけてカムフラージュするが,そのようなことはしないウニのほうが多い。アカウニの口の周囲やとげの間には,ムラサキゴカクガニや小型巻貝のアカウニヤドリニナやヤマモトヤドリニナなどが寄生し,ムラサキウニのとげの間にも全身黒紫色の小さなエビが隠れ,口の周囲には巻貝のキンイロセトモノガイが寄生する。
[利用]
 日本ではウニの生殖巣を生のまま,あるいは塩漬にして食べるが,地中海に面する国々でも盛んである。…

※「アカウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカウニの関連キーワードエゾバフンウニキタムラサキウニサンショウウニバフンウニ赤海胆馬糞海胆紫海胆海胆ナガウニ(長海胆)ラッパウニ(喇叭海胆)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカウニの関連情報