コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカナマダ Lophotus capellei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカナマダ
Lophotus capellei

アカマンボウ目アカナマダ科。全長 2mになる。体は著しく側扁し,リボン状で,後方へ次第に低くなる。背鰭は眼の前上方から始る。腹鰭,臀鰭ともに大変小さい。体は淡青色,鰭は淡紅色。鰾 (うきぶくろ) の下方に墨汁袋があり,総排泄孔から墨を噴出する。太平洋大西洋の暖海域に広く分布し,日本では相模湾以南の太平洋,富山県沖にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカナマダ
あかなまだ / 赤波馬駄
crestfish
[学]Lophotus capellei

硬骨魚綱アカマンボウ目アカナマダ科に属する海水魚。太平洋および大西洋の西部に分布し、南日本でまれに漁獲される。全長2メートルに達し、体は強く側扁(そくへん)し帯状で、後方に向かって低くなる。頭の前縁は垂直に盛り上がり、その頂点から背びれが始まる。背びれの第1棘(きょく)は太くてもっとも長い。臀(しり)びれは基底が短く、体の後端近くにある。体色は淡青色で、ひれは淡紅色。体腔(たいこう)の背部に墨汁嚢(ぼくじゅうのう)をもち、その後端は肛門(こうもん)に開く。墨汁は肛門から放出されるものと考えられるが、その生態的な意味はよくわかっていない。遠洋のマグロ漁船が持ち帰って魚市場に出されることがあるが、一般には食用としない。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカナマダの関連キーワード赤波馬駄片山正夫天狗大刀背びれ