コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカマンボウ(英語表記)Lampris guttatus; opah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカマンボウ
Lampris guttatus; opah

アカマンボウ目アカマンボウ科の海水魚。食用にして美味。全長約 2m,体重 300kg。体高が著しく高く,体は側扁する。体色は赤紫色で,腹側ほど赤みを増す。鰭は鮮朱色外洋中層にすみ,ときに海面を浮くようにして泳ぐ。太平洋,大西洋インド洋の熱帯・温帯水域に分布する。2種で 1科を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカマンボウ【opah】

アカマンボウ目アカマンボウ科の海水魚(イラスト)。マンダイともいう。体は強く側扁し,腹部が張り出して楕円盤状を呈するので,ややマンボウに似る。しかし,フグの仲間であるマンボウと分類上は遠く離れている。うろこが微小で落ちやすく,側線前部は背方へ向かって大きく湾曲する。背びれの前部と胸びれおよび腹びれは鎌状に伸びる。体色もすこぶる特異的。体の背側はだいたい青紫色で,腹部に向かってしだいに赤みを増す。吻端(ふんたん)と各ひれは鮮紅色で,体側とえらぶたには多数の円形ないし卵形の銀白色斑点が散在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカマンボウ
あかまんぼう / 赤翻車魚
moonfish
[学]Lampris guttatus

硬骨魚綱アカマンボウ目アカマンボウ科に属する海水魚。太平洋、インド洋、大西洋の温帯から熱帯に分布する。マンダイともよばれる。全長2メートルに達し、体は楕円(だえん)形で強く側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)は小さくて落ちやすく、背びれの前部と腹びれは長く伸びる。体の背側は赤紫色で腹側は赤く、口と各ひれは鮮やかな赤色で、頭部や体側には多数の銀白色円点がある。外洋の表層近くをゆっくりひれを動かしながら遊泳する。おもにクラゲを食べる。マグロ延縄(はえなわ)で漁獲され、肉は薄赤色で、刺身として食べられるが、脂肪分が強い。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android