アクィタニア(読み)あくぃたにあ(英語表記)Aquitania

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ローマのガリア4属州の一つ。フランス南西部、北はポアトゥー、東はガロンヌ川、南はピレネー山脈、西はビスケー湾(フランス名ガスコーニュ湾)に囲まれた地域。ラテン語で「水の地方」を意味する。フランス名アキテーヌAquitaine。ケルト人とイベリア人が混住していたが、紀元前56年、ローマ軍に征服されてガリア4属州の一つとなった。一時、ゲルマン系の西ゴート人に占領されたが、507年フランク王クロービスがフランク王国に吸収した。781年シャルルマーニュ(カール大帝)は、フランク王国内の一邦としてアクィタニア王国を建設し、その子孫を王位につけた。しかし877年公領となり、ポアチエ伯が継承した。公領の安定期は、ギョーム4世(935―994)から、詩人としても名高いギョーム9世(1071―1127)までの時代である。1137年に唯一の公領女相続人となったアリエノール・ダキテーヌ(1122―1204)の結婚遍歴は、公領の命運を大きく変えた。フランス王ルイ7世との結婚と離婚、そして、再婚したアンジュー伯アンリ・プランタジュネがイギリス王ヘンリー2世となるに及んで、1154年この地はイギリス王領に帰属した。西南フランスをめぐる英仏の抗争(百年戦争)がここから開始されたが、結局、1453年フランス王シャルル7世のカスティヨンの戦勝とボルドーの占領をもって終わり、この地はギエンヌ地方としてフランス王国に吸収された。[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android