アコニチン

化学辞典 第2版の解説

アコニチン
アコニチン
aconitine

C34H47NO11(645.73).キンポウゲ科トリカブト属Aconitumに含まれるジテルペンアルカロイドアコニットアルカロイド中の代表的なエステル型のアルカロイド猛毒性で,はげしい神経麻ひ作用を示し,植物毒のうちでもっとも強力なものに属する.直接心臓に作用し,呼吸器を麻ひする.柱状晶.融点204 ℃.+17.3°(クロロホルム).クロロホルム,ベンゼンに可溶,エーテル,乾燥エタノールに微溶,水,石油エーテルにほとんど不溶.比較的不安定で,アルカリと加熱するとすみやかに加水分解して脱アセチル化,および脱ベンゾイル化を起こし,無毒のアコニン(C25H41NO9,融点132 ℃)を与える.LD50 0.4 mg/kg(ネコ,皮下).[CAS 302-27-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコニチン
aconitine

化学式 C34H47NO11トリカブトの代表的アルカロイド。柱状晶。融点 202~203℃。クロロホルムベンゼンに可溶,エーテル,エチルアルコールにわずかに溶け,水,石油エーテルに不溶。きわめて猛毒で,直接心臓に作用し,呼吸麻痺を起させる。かつて矢毒として使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アコニチン

〘名〙 (aconitine) キンポウゲ科トリカブトに含まれる猛毒。血液にまじると、呼吸、知覚、運動などの神経を興奮、麻痺させる。毒矢に用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアコニチンの言及

【トリカブト(鳥兜)】より

…トリカブト亜属subgen.Aconitum,レイジンソウ亜属subgen.Lycoctonum,ギムナコニツム亜属subgen.Gymnaconitumの3亜属に分類される。 主として根に,アコニチンaconitine,メサコニチンmesaconitine,ヒパコニチンhypaconitineなどのジテルペン系のアルカロイドを含み,植物界最強といわれる猛毒があるが,なかにはサンヨウブシのように無毒なものもある。これらの毒成分は加水分解によって無毒化されるため,この毒によって殺された動物の肉を食べることができる。…

※「アコニチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android