コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコニット酸 アコニットさんaconitic acid

3件 の用語解説(アコニット酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコニット酸
アコニットさん
aconitic acid

化学式は C6H6O6プロピレン-1,2,3-トリカルボン酸ともいう。普通トランス形をとる。シス形はトリカルボン酸サイクルの一員でクエン酸-イソクエン酸の異性化中間体として重要な化合物である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アコニットさん【アコニット酸 aconitic acid】

低分子生体物質の一種。2種の立体異性体,シス型,トランス型がある。生理的に重要なのは,比較的不安定なシス‐アコニット酸で,クエン酸回路の酵素であるアコニターゼの作用により,クエン酸およびイソクエン酸から可逆的に生成する。梅酢の表面に発育する糸状菌Aspergillus itaconicusはイタコン酸発酵により,シス‐アコニット酸からイタコン酸を大量につくる。一方トランス型は安定で,トリカブト属Aconitumトクササトウキビテンサイなどの植物に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アコニット酸の関連キーワードアコニット酸酸化型ビタミンC

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone