コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア女性基金 あじあじょせいききん Asian Women's Fund

4件 の用語解説(アジア女性基金の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アジア女性基金

正式名称は女性のためのアジア平和国民基金。第2次大戦中の日本政府・軍による、いわゆる従軍慰安婦問題解決のため、1995年7月に設置された。日本政府は個人に対して、首相の「おわびの手紙」と200万円の「償い金」の支給、さらに医療・福祉のため、韓国、台湾、オランダに300万円相当、フィリピンに120万円相当の支出を決めた。インドネシアの場合、同国政府が個人支給を認めなかったので、高齢者福祉施設を建設した。これまでにフィリピン、韓国、台湾の285人に約5億8000万円を支給しており、これにより、アジア女性基金の償い金支給事業は終了、2007年3月に解散した。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アジア女性基金

元慰安婦に「おわびと反省」を表した河野官房長官談話(93年)を受け、村山政権下の95年に基金が発足。政府は道義的責任を認め、首相のおわびの手紙とともに国民の寄付から償い金200万円、国費から医療・福祉支援として120万~300万円を支給する事業を、韓国、台湾などで実施した。韓国の運動団体などは、公式謝罪と補償を果たすべきだと反発。韓国で名乗り出た女性約240人のうち基金を受け取ったのは、約60人にとどまった。日本政府は、補償の問題は65年の日韓基本条約などで法的に解決済み、との立場だ。

(2013-08-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アジアじょせい‐ききん〔‐ヂヨセイ‐〕【アジア女性基金】

《「女性のためのアジア平和国民基金」の通称》第二次大戦中に従軍慰安婦として動員された女性に対する補償、および女性の名誉と尊厳に関わる今日的な問題の解決を目的として、平成7年(1995)に政府の決定により設立された財団法人。オランダ・フィリピン・韓国・インドネシア・台湾で償い金の支給や医療・福祉支援事業を実施。平成19年(2007)、基金事業の終了に伴い解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア女性基金
あじあじょせいききん

従軍慰安婦に対して見舞金を支給するための民間基金。「女性のためのアジア平和国民基金」の略称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア女性基金の関連キーワードグルジアアメリカ下院の「慰安婦」決議アジア平和国民基金年金基金国民温泉UNウィメン平和のための原子力子供のためのアルバム戦時下の性暴力とアジア女性基金トルコ共和国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア女性基金の関連情報