近況(読み)きんきょう

精選版 日本国語大辞典「近況」の解説

きん‐きょう ‥キャウ【近況】

〘名〙 ごろの様子。生活状態や身の回りの様子を知らせたり尋ねたりする時に用いる語。近状
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「清磨君の近を問ふた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「近況」の解説

きん‐きょう〔‐キヤウ〕【近況】

近ごろのようす。最近の生活や身の回りの状況。「近況知らせる」「近況報告」
[類語]現況近状現状現勢現段階局面模様様子様相状況実況情勢成り行き有りさま動静態様様態具合ぐあい概況形勢容体気配調子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「近況」の解説

【近況】きんきよう(きやう)

近ごろの様子。宋・陸九淵〔高応朝に与ふる書〕せて兩書を收め、備(つぶ)さに況を知れり。

字通「近」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android