国家賠償(読み)コッカバイショウ

デジタル大辞泉の解説

こっか‐ばいしょう〔コクカバイシヤウ〕【国家賠償】

公務員公権力を行使する職務を行う際に、故意または過失によって違法に他人損害を加えた場合、もしくは営造物設置・管理の瑕疵(かし)によって他人が損害を生じた場合に、国または公共団体の行うべき損害賠償。昭和22年(1947)施行国家賠償法規定される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっかばいしょう【国家賠償】

日本国憲法では,基本的人権一環として,国あるいは都道府県市町村のような公共団体(以下たんに〈国〉という)の公務員の不法行為によって損害を受けたときには,いかなる人にも,法律の定めるところにより〈国〉に賠償を求める権利が認められている(17条)。この憲法の規定を受けて作られた法律が国家賠償法(1947公布)である。しかし,国家賠償法は,公務員の不法行為に関する国の責任だけではなく(1条),道路河川あるいは学校の建物等〈公の施設〉(〈公の営造物〉ともいう)の設置管理にミス(瑕疵(かし))があった場合にも,〈国〉が責任を負うことを定めている(2条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こっか‐ばいしょう コクカバイシャウ【国家賠償】

〘名〙 公務員の不法行為により他人に損害を与えた場合、国または公共団体が行なう損害賠償。国家賠償法に規定。
※法と自由(1954)〈末川博〉天災と国家の責任「補助金でももらう方が得だとか、国家賠償など思いつかぬとか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android