コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家賠償 コッカバイショウ

デジタル大辞泉の解説

こっか‐ばいしょう〔コクカバイシヤウ〕【国家賠償】

公務員公権力を行使する職務を行う際に、故意または過失によって違法に他人損害を加えた場合、もしくは公の営造物の設置・管理の瑕疵(かし)によって他人が損害を生じた場合に、国または公共団体の行うべき損害賠償。昭和22年(1947)施行の国家賠償法に規定される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっかばいしょう【国家賠償】

日本国憲法では,基本的人権の一環として,国あるいは都道府県・市町村のような公共団体(以下たんに〈国〉という)の公務員の不法行為によって損害を受けたときには,いかなる人にも,法律の定めるところにより〈国〉に賠償を求める権利が認められている(17条)。この憲法の規定を受けて作られた法律が国家賠償法(1947公布)である。しかし,国家賠償法は,公務員の不法行為に関する国の責任だけではなく(1条),道路・河川あるいは学校の建物等〈公の施設〉(〈公の営造物〉ともいう)の設置管理にミス(瑕疵(かし))があった場合にも,〈国〉が責任を負うことを定めている(2条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国家賠償の関連キーワード蒲原沢土石流災害賠償訴訟谺雄二(こだま・ゆうじ)高校無償化と朝鮮学校大和都市管財国賠訴訟泉南アスベスト訴訟国家賠償請求訴訟高校授業料無償化大和都市管財事件国家無答責の法理踏み字事件の背景行政事件訴訟法内部告発者保護加藤新一(1)行政不服審査法B型肝炎訴訟神戸地裁判決熊本地裁判決踏み字事件加藤 新一教科書裁判

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家賠償の関連情報