コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズマイチゲ

百科事典マイペディアの解説

アズマイチゲ

山地の林中にはえるキンポウゲ科多年草。北海道〜九州,東アジア分布。全体に早落性の長毛がある。高さ15〜20cm。早春茎頂に短柄のある3出葉3枚を輪生し,柄のある花1個をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズマイチゲ
あずまいちげ / 東一花
[学]Anemone raddeana Regel

キンポウゲ科の多年草で、イチリンソウ属の早春植物。地下茎は横にはう。茎は直立して高さ約15センチメートル。茎葉は1回3出の複葉で、花の直下に3枚輪生する。花は3~5月、茎の先に1個が傾いてつき、径約3センチメートル楕円(だえん)形で白色の萼片(がくへん)が5~6枚ある。キクザキイチゲはこれに似るが、茎葉の柄の基部が広がる点で異なる。北海道から九州にかけての温帯落葉広葉樹林内に生え、アムール、ウスリー川流域、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアズマイチゲの言及

【イチリンソウ(一輪草)】より

…本州,四国,九州に分布する。 アズマイチゲA.raddeana Regelは本種に似ているが,萼片がより細く,8~13枚あり,淡紫色または白色。ニリンソウA.flaccida Fr.Schm.(イラスト)はやはり春咲短期植物であるが,これらに比べて,花茎は基部に根生葉があり,茎葉は無柄で,1~3個の花をつける。…

※「アズマイチゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アズマイチゲの関連キーワードキクザキイチゲ山地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android